小児矯正

小児矯正

小児矯正

小児矯正とは、歯が乳歯から永久歯に生え変わる時期に行う矯正治療のことです。矯正は大人になってからでもできますが、歯が動きやすい幼児期から行うことでより理想的な矯正治療ができます。

小児矯正とは

大人の歯列矯正との大きな違いは、お子さんの成長期を使った唯一の治療法を提案できるという点です。また、まだ骨が柔らかいので歯が動きやすいというメリットもあります。

小児矯正を検討したほうがよいお子さんの症状

  • 歯列不正(歯並びが悪い)、八重歯
  • 乳歯の時点で歯並びが悪い
  • 噛み合わせが悪い

などがあげられます。

小児矯正を検討したほうがよいお子さんの症状

矯正が必要かを診断する適正時期

個人差はありますが、小学校1年生か2年生ぐらいが矯正治療が必要になるかをするかどうか診断する一番いい機会です。一度ご来院されて診断を受けられることをおすすめします。

小児矯正の種類

当院で取り扱っている小児矯正の種類は以下になります。
  • 拡大装置(Hyrax type)
  • 拡大装置(Variety)
  • 拡大装置(Fan type)
  • リンガルアーチ
  • ツインヘリックス
  • FKO
  • TPA(トランスパラタルアーチ)

小児矯正の治療期間について

お子さんの矯正の期間は大人の矯正よりも長くなるケースが多いのです。
乳歯と永久歯が混在する混合歯列期に行う1期治療と、永久歯が生え揃った永久歯列期に行う2期治療があるので、2年から3年のスパンとなるのが一般的です。

当院の矯正治療の特徴

成長の時期に合わせた装置の選択

成長の時期に合わせた装置の選択
成長期は骨格へのアプローチができる唯一の時期です。顎の成長方向や成長量をコントロールしたり、お口の周りの筋肉のバランスを整えることで、調和のとれた歯並びを目指します。

痛み・不快感の少ない治療

東京医科歯科大学矯正歯科外来で採用されている、改良型Ni-Ti合金を用いた治療を行います。
従来の矯正治療と比較して、矯正治療中の痛み・不快感が圧倒的に軽減しました。

審美性の高い治療

目立ちにくい装置や裏側からの矯正治療(舌側矯正)、マウスピース矯正治療も取り扱っております。矯正治療はしたいけど、見た目がちょっと……という方も是非ご相談ください。

小児矯正にかかる費用

小児矯正での医療費控除

通常の医療行為と同じように、自由診療でも対象となります。
医療費が10万円を超えた場合は控除の対象になるので、申告に必要な領収書は保管をお願いします。

小児矯正:330,000円(税込)

将来のために今から適切なケアを

将来のために今から適切なケアを
乳歯だからといってお子さんの乱れた歯並びを放置すると、永久歯に生え変わる時に問題が起こる可能性があります。大人になった時の歯並びの目標を定めて早めに始めることで、お子さんの将来のむし歯や歯周病のリスクも抑えられます。気になることがありましたらご相談ください。

お問い合わせは
お気軽に

東京都西東京市周辺にお住いの方で
歯科のことでお困りでしたらご相談ください

pagetop